MENU

終活関連メニュー

よいろーご.JP

41605.JP -良い老後-

終活のついてのアドバイス・情報サイトです

終活についてのアドバイス・情報サイト

このサイトは、ご自身の終活や親の終活を考えたい方へのページです。
終活には、たくさんのジャンルがあります。その各ジャンルでの士業の先生や、その道のプロ、宗教法人の職員様などから、現場の意見・アドバイスをいただいて、このサイトを構成しています。

健康・介護・医療・相続・お金の運用・生前の遺品処理・認知症対策・親の終活・自分の終活・お墓・葬儀・供養・仏具・・・・などなど。
このサイトを訪れたあなた、少しでも終活に興味を持たれて、親の終活や、自分の終活に役立てばいいですね。そして終活関連のサイトの案内や、健康施設や介護施設の案内もあります。お墓の現地見学もお申し込みできます。

終活の意味・終活とは

終活とは「人生わりのための動」を略した言葉です。「人生の最期を考える事を通じて、自分の事を見つめなおし、元気なうちに決められる事を決めておくこと」を言います。現代社会において、少子高齢化が進むにつれ、自分の死後、周囲にできるだけ迷惑をかけないようにという意識が強まり、このような活動に向き合う高齢者が増えてきました。

健康な状態のうちから「自分の最期」に向き合い、自分自身の人生を客観的に見る事で、自分の人生でやり残してきたことはないか、最後にしておきたい事が見えれば、幸せですね。また、ご自身の親御さんがご存命の場合は、自分の終活に加えて、親の終活についても考えてみる必要があります。

 

>>親の終活について<<

>>自分自身の終活について<<

 

 

終活の意味・終活とは

エンディングノート

「せめて、親の希望を聞いておいたらよかった。」これは葬儀やお墓・相続相談の現場で残された子供たちからよく聞く話です。何も準備しないで、急に自分が死んだら、一番苦労するのは子供達です。エンディングノートは、子供たちに、自分の希望を伝えるのに、最もふさわしいものです。

一度書いたエンディングノート・・・・でも気持ちは日々、変わります。エンディングノートは、何度も書き直せるものがいいですね。高額な立派なものは不要です。このサイトはエンディングノートが無料でダウンロードできます。

老親にも準備してあげましょう

自分の親の死後、葬儀、保険、お墓の事、財産の事も気になりますね。しかし高齢になると自分ひとりでは終活できない場合も多々あるでしょう。親御様にもエンディングノートを用意してあげてはいかがでしょうか。

>>エンディングノート無料ダウンロード<<

おひとり様の終活「エンディングノート」

エンディングノート

※2019年に、相続税法が40年ぶりに変更されました。

終活ブログ

PAGE TOP