私の最後は誰がしてくれるのかな?

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーのブログ

毎日、暑い日が続きます

今日も天が瀬メモリアル公園に来園頂きました

70を越えたお母様らしき方です
一人のお墓を見に来ました

josei2.jpg

・・・桜下庭園樹木葬は一人でも二人でも入れますよ
・・・一人の専用区は25万円です。管理費はかかりません

多分、誰も墓参り来てくれないし
親戚もみんな死んでしまって・・・
でも自分の最後を誰が片付けてくれるんかな
どうすればいいか、わかりません

・・・お気持ちわかります。多くの独りの方がそうです
・・・でもお墓を先に決めると、イメージが固まってきますよ

といいますと

・・・お母様が考えられている事を終活といわれてますが
・・・終活の一番大きな事は墓所を決める事です
・・・人間は必ずぼけますから、ぼけるまでに自分で決める事です

葬式はだれにしてもらいますか

・・・葬儀は本来、故人の家督を取るものがします
・・・だれか、遺族の方にお願いできますか

無理やと思います

・・・昨年より、遺族による収骨が困難な方のために
・・・新しい葬儀のプランが立ち上がっていてお申し込みも多いです
・・・寺が責任をもって、火葬・収骨・葬儀・納骨・供養までさせて頂きます

・・・また、説明会もしますので、ご案内いたします

判りました。また考えて申し込みにきます
でも、お寺様に任せられるのはいいですね

ほんと、一人の方が増えました。
今後もひとり葬が増えると思います

娘も一緒に入りたいと言ってます

今日も桜下庭園樹木葬にお問合せいただきました

桜下庭園樹木葬がいいと思ってます
母と娘2人のお墓でもいいですか?

hahatomusume.jpg

・・・はい、先日もお申込みがありました
・・・納骨予定者2名について関係は問いません

といいますと

・・・お墓はどうしても血縁者の納骨になります
・・・これは、結果であってきまりではないんですが

・・・桜下庭園樹木葬は納骨予定者2名の関係は一切問いません
・・・つまり他人でもいいわけです

なるほど、でも他人さんと一緒に入りますか

・・・まったくの他人ではありませんが、内縁の奥様は他人ですね
・・・また、愛人関係でも大丈夫です。これも他人ですね

なんか、ドラマみたいですね
生存中に一緒になれなかった2人がお墓に一緒に入るんですね

・・・まあ、そういう事ではないんですが・・・(>_<)

じゃあ、娘と一緒に入っても問題ありませんね

・・・はい、ぜんぜん大丈夫です
・・・でもお嬢様、結婚されてご主人のお墓に入られませんか

いやあ、本人が言うもので、聞いてみたんですが

・・・ならば、お母様だけのお墓として購入して下さい
・・・後から、お嬢様の事が決まってから、追加して下さい
・・・当然、追加の永代供養料と手数料がかかりますが

そんな事ができるんですね
もう一度、娘に真意を聞いてみます

お墓はあせって買うものとは違います
ゆっくり身内の方と相談して下さい

キリスト教徒様の納骨です

天が瀬メモリアル公園の芝生墓所で納骨がありました

tent.jpg

キリスト教徒様です
ユリをベースにした、白い花束が飾られています
キリスト教徒様はお花はユリだそうです

yurikenka.jpg

納骨時に賛美歌を歌われます
奥様が丁寧な言葉で挨拶されました

その後、皆様全員で1本ずつ献花をされました
すてきな光景でした

最後にもう一度、賛美歌を歌われてました

仏教徒の村上にはわかりませんが、
賛美歌にもいろいろあるようですね
音程を取るために、テープもご用意されてました

音楽葬ですね

芝生のお墓だから、似合う光景ですね
涼しくなれば、ぜひ、お墓参りに来て下さい

ミドリ一色の芝生がお待ちしております
快いお墓参りができると思います

お嬢様から位牌の処分とお手紙

天が瀬メモリアル公園はお墓参りでいっぱいです

先月のお客様よりお手紙を頂きました
若いお嬢様からのお手紙です

お母様を亡くされ、桜下庭園樹木葬を購入されました
納骨の際に、手元供養も考えておられました

kiborijizou.jpg

ご遺骨を側にずーっと置きたい
そんなお気持ちですね

後、位牌の処分を承りました
京都天が瀬メモリアル公園では位牌の
お焚き上げ供養を承っております
・・・位牌の処分ではありません。供養ですね

後日、つまり今日に届きました手紙を見ると
お礼と位牌のお焚き上げ供養のお礼でした

「京都は離れているけど、母は私の心に中に居ます」
「位牌のお焚き上げ供養、よろしくお願いします」

いいお言葉でした
供養は形ではありません。心の問題と思います
お嬢様のそんな気持ちをずーっと大事にして下さい

春にはお彼岸供養会と春の桜祭りもあります

eitaikuyou1.jpg

ちゃんとお勤めさせて頂きます

女性だからってお墓が作れないわけではありませんね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします