お客様が墓守ですね

宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーの村上のブログ

今日も来園頂きました
関東圏からです

もともと京都の出身で、両親の墓が京都市内にあります

そこにはご先祖様がたくさん入ってられます
京都でも人気のある境内墓地です
そこのお墓じまいをされて、改葬される予定です

keisouzenin2.jpg

ほっておけば無縁墓になりますね

・・・そうです。特に人気のある墓地は処理が早いです

それはどういう事ですか

・・・大規模の墓地はほっておいても売る場所はいっぱいあります
・・・でも小規模の寺院墓地、特に人気のある墓地はすぐに売れます

なるほど、そうなんですか
でも、先祖のお骨はほっておけないし

・・・そうですね。立派なお考えです
・・・今回はお客様が墓守ですね

墓守って男性の事じゃないんですか

・・・違います。男女はといません
・・・墓守とはお墓を守るだけではありません
・・・ごちゃんと先祖供養ができて、墓の事を決める方をいいます

じゃあ、私が墓守です
桜下庭園樹木葬でお世話になりたいと思います

sakura_20130630135344.jpg

 

墓守は男女関係ないですね。女性でもちゃんとされます
立派なお考えです。

 

お姉ちゃんを納骨します

きれいなお姉さんの遺影を持参されました

ダイスキだったお姉さんの納骨です

simai.jpg

桜下庭園樹木葬の区画を購入頂いております

お姉さんはずーっと独り身で亡くなられたそうです
妹様が看取られて、ご自宅にずーっとあったそうです

お姉さまは、いつも妹様の事を気にかけておられて
臨終間際まで、妹様の事を気遣いされてました

「姉はお花が大好きだったので・・・」
「桜下庭園樹木葬の区画はお花がいっぱいと聞いてます」

・・・ありがとうございます

「ここで献花をして拝むんですね」

・・・そうです
・・・お彼岸なんかは、あふれるほどのお花があがります

kenka_20130727142547.jpg

「ここに決めてよかったです」
「姉もゆっくり眠れると思います」

・・・永代供養のお勤めもございますので、ぜひご参加下さい

女性はいつも優しいですね
気候のいい時に、お墓参りして下さい

 

立ち直るきっかけになれば・・・

昨日も桜下庭園樹木葬のお問合せを頂きました。

早くして、息子さんを亡くされたお母様です。
瀬戸内海の地域からお電話頂きました。
息子様を亡くして、かなりの年月が経ちます。
まだお骨を納める事ができません。

身内からは早く納めなさいと言われてます。

・・・そうですね。お骨は自然に還るのがいいですね。

でも、今までお墓をいっぱい見ましたが なんか、
全部、商業ベースで、納める気になりません。
ずーっと、立ち直れないんです

・・・墓石で有名な大島石の産地ですから
・・・石屋さんはたくさんおられますよね。

桜下庭園樹木葬のホームページを見て気持ちが晴れそうです
ここなら、納骨させてもらってもいいかな???
私とこの子とで入ります。
主人はいません

・・・わかりました。お気持ちの許す所で決めて下さい
・・・どうしても、お骨が離せなかったら
・・・手元供養という方法もあります
・・・木製の地蔵の胎内にお骨の一部を入れて、
・・・家に置いてください

p_shouhin2
・・・でも、そのお骨は人に渡したらあきません。
・・・自分が死ぬ時に、一緒に火葬してもらって下さい。
・・・木製の手元供養だからできる事ですね

6d1ad475-s

可愛いお地蔵様ですね
この子と一緒にお骨になれたら幸せですね
優しいご提案ありがとうございます
考えて、また連絡します

・・・ありがとうございます
・・・子供様のためによりよい供養をしてあげて下さい
・・・良い供養とは心のこもった供養です
・・・形ではありません。
・・・遺族様が心落ち着く供養と思います

 

ほんと、順番をたがえる事は本当に辛いです
お母様の立ち直るきっかけになればうれしいです

九州から母親と2人のお墓を求めに

お問い合わせいただいた方は九州の方でした
なんで九州からなんやろう・・・

聞くところによると、京都には縁者だれもいないけど
優しい永代供養をさがしていた
いくつか永代供養のお墓を探していたけれど
全部、宗教色が強くてお墓参りも簡単にいけそうにない。
その点、桜下庭園樹木葬は気楽にお墓参りいけそうなので気に入りました

それと、自分が入ると、後誰もいないので処分されるのはイヤだ

母親のお骨と最後まで一緒に供養されたい

http://blog-imgs-50.fc2.com/j/o/s/joseinoohaka/hahatomusume.jpg

なるほど・・・
たくさんの想いがありますね

見学していただいて、約1時間の説明を聞いていただいて
購入の運びとなりました。
桜下庭園樹木葬の小さい方です。

でも、九州の方いわく、私は最後だから、自分の処理は遠い親戚に頼んである
自分のお骨がここに入ったら、誰も墓参りに来ないし・・・。
小さい方のお墓で十分です。

ちょっと寂しい話でしたが、すごく納得してしまいました。

供養ってご先祖を弔う事だけと思っていました。
でも、最近では1人の方がたくさんおられます
後を遠い縁者に頼んで、自分の最後を納骨してもらう
自分自身の供養(?)、自分自身の最後の住処を決めておく事
終活の一環で、お墓を決める事は大きい安心です

遺族に供養をゆだねられる人はこれからますます減ると思います
桜下庭園樹木葬は納骨堂でも合祀墓でもない新しい供養の形と思います

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします