宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーの村上のブログ

墓じまい後は永代供養にしたい!費用はどのくらいかかる?

【問合せ】
墓じまいをする予定です
先日、問合せしたら、永代供養が要りますと言われました
永代供養っていくらですか
永代供養って本当に要るんですか

【ご案内】

これも最も多い質問です
みなさん、悩みは同じですね


永代供養とは寺が遺族に代わって故人を供養する事をいいます

本当の供養の価値とは、誰が、誰のために供養するかです
追善供養の方が主体と目的がはっきりしています

奥様が先に逝ったご主人のために供養をします
3年・7年・・・これが追善供養です

永代供養の形は様々です
墓じまいした遺骨を合祀墓に入れて供養する場合
遺骨は合祀して、位牌を作り、位牌堂で祀る場合
個別の永代供養墓に移して、個別に祀る場合

すべて料金がちがいます
合祀であれば5万円からあります。
故人様の名前をあげて、供養してもらう場合は
10万円以上です。
永代供養の料金は、やり方によって様々です

しかし、一方では永代供養の考えを否定する方もおられます
故人を祀るのは遺族であって、寺ではないのです
寺はあくまでも、遺族からお布施を頂いて
遺族の代わりに供養するわけです

月命日・1年・3年・7年とお参りして頂いて
追善供養をしてください
その方が、ご先祖様にも、あなた自身にもいいと思います

追善供養とは
生きている人が行う善行を持って、亡くなった人の善行になる
それがまた自分に戻ってくるという考え方です。

それに比べ、永代供養とは故人の供養を寺に任せる事をいいます

じゃあ、永代供養の価値ってどこにあるかなんですが、
それはあなたの気持ちの中にあります

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします