宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーの村上のブログ

Yahooの記事からです
======= ======= ======= =======
成年後見制度の信頼揺るがす事態

認知症のお年寄りなどに代わって第三者が財産を管理する「成年後見制度」で、財産が使い込まれる被害が、最近の16か月間におよそ37億円に上ることが最高裁判所の調査で分かりました。最高裁は、制度への信頼を揺るがす深刻な事態だとして、対策の検討を急いでいます。
======= ======= ======= =======

少し古い記事ですが・・・

先日のブログで成年後見制度は
ちょっと厄介でたいへんですと書きました

親族のほか、弁護士や司法書士などが後見人となって
財産を管理する制度ですから、審査もあります

でも
財産が使い込まれる事があるんですね
この記事は村上にとってもショックです

被害者が高齢のおひとりさまというのがやりきれません

京都天が瀬メモリアル公園の桜下庭園樹木葬には
本当に1人の方のお申込が多いです

自分の最後で他人に迷惑をかけないために
自分の墓所を準備されます

本当に1人の人は、最後を他人に見てもらわないと
納骨もしてもらえません。
成年後見制度があった事で本当に安心されてる方もおられます
血縁の関係より、後見人様との深い絆を感じる事もあります

前回、少し触れましたが、●●ライフ協会の話
公益法人が預かっていたお金に手を付けて、
どうにもならん状態になっていることが発覚したという事件です
同じようなものでしょうか
人の痛みを感じない・・・

メモリアル公園には「ひとり葬」という葬儀の形があります
メモリアル公園の墓檀家様だけに提供できるものです

火葬・収骨・葬儀・納骨・供養まで承ります
でも、財産までは触りません
寺の存分は読経して供養する事です
財産に関しては、弁護士様も紹介しております

1人の方が、少しでも安心できるように努める事
これが寺の本願ですね

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします