今回の年金改正法案で注目の内容の一つに、「75歳までの年金受け取り開始の繰り下げ」があります。

 今までは「6070歳」が繰り上げ・繰り下げのレンジでした。

中心の65歳が標準的な受給開始年齢です。

早くもらう人は年数に応じて減額、遅くもらい始める人は年数に応じて増額されます。

 繰り下げする場合、65歳から無年金の時間が何年か生じるものの、増額されるため長く生きる人は多くもらえるように設計されています。

 前々回も述べたとおり、これからは引退年齢を自分で決める時代になります。

一方、公的年金の標準的な受給開始年齢は65歳のままです。

そして、遅くもらい始める選択肢は広げられる予定です。

仮に75歳まで年金をもらわないで働いていると、年金額がなんと84%アップする案が年金部会には示されていました。

75歳まで無年金であったとしても、「100歳人生」を考えれば10年分の元を取ることは不可能ではないでしょう。 

これについても「75歳まで働けということか」と考えるのではなく、「引退年齢は自分で決められて、長く働いたら年金額にボーナスがついてくる」と考えてみてはどうでしょうか。

 公的年金制度への不信や不満は根強いものがありますが、誤解に基づく制度改正に関する議論は百害あって一利なしです。

一歩引いて私たちにとってのメリットや留意点を考えてみると、本当のところが見えてきます。きっと前向きに受け止められる解釈ができるはずです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします