散骨と収骨拒否

散骨と収骨拒否

ここでは、お骨を拾わない(収骨拒否)と散骨と考えたいと思います。収骨拒否と散骨は意味合いが違いますが、お墓を持たないという考えに基づいてまとめてあります。

都市部で増えている収骨拒否

みなさん、ご存知でしたか?例えば、あなたがある方の喪主になって、葬儀・火葬をした。お骨って拾いますよね。

でも、それは強制・義務じゃないのです。火葬後、遺族から、「そちらで何とかして下さい」と遺骨受け取り拒否が増えているそうです。遺体の処理を定めた「墓地埋葬法」では、遺体は荼毘に付さなければならないとあります。

(「荼毘に付す」の意味は死者を火葬にする事)

したがって、これが最低限の出費です。京都の中央斎場の火葬費用が上がりました。一人2万円です。弔いは最低限、これだけは必要なのです。じゃあ、拾った遺骨の処理はどうするのですか?

都市部で増えている収骨拒否

遺骨の処理はどうしますか?

みなさん、ご存知でしたか?例えば、あなたがある方の喪主になって、葬儀・火葬をした。お骨って拾いますよね。

でも、それは強制・義務じゃないのです。火葬後、遺族から、「そちらで何とかして下さい」と遺骨受け取り拒否が増えているそうです。遺体の処理を定めた「墓地埋葬法」では、遺体は荼毘に付さなければならないとあります。

(「荼毘に付す」の意味は死者を火葬にする事)

したがって、これが最低限の出費です。京都の中央斎場の火葬費用が上がりました。一人2万円です。弔いは最低限、これだけは必要なのです。じゃあ、拾った遺骨の処理はどうするのですか?

遺骨の処理

 

散骨について

散骨とは、収骨拒否とは違い、収骨は従来通り行います。そして、埋葬せずに、遺骨をパウダー状にして、海に撒くことです。

1991年、法務省刑事局は「節度をもって葬送のひとつとして行なう限り問題はない」という見解を出してから、散骨専門の業者が急増しました。

散骨は、普通の墓を作る場合より、圧倒的に安く上がる。と思われてきました。しかし、散骨をする方法が様々で、外洋までクルーズするプランは、小さいお墓の費用と変わりません。

91年以降、散骨は、風で骨が舞う、地下水を汚染しかねない、あるいは近隣の農産物の風評被害を招くなどという理由で、遺族と散骨先の住民とのトラブルが頻発したそうです。そのため、2008年に「何人も墓地以外の場所で焼骨を散布してはならない」と条例で定めた埼玉・秩父市をはじめ、「散骨禁止・規制条例」を設ける自治体が急増しています。

散骨について

 

もはや散骨は海洋散骨だけです。

ちょっと前までは、散骨専用の墓地ができた事もありました。しかし、条例で規制されました。結局、現状では、陸上での散骨はないと考えられています。

やはり、人様の頭の上から、他人のお骨を撒くなんて行為は、供養とはかけ離れた行為です。だから、散骨できる場所は、もっとも川下の海洋しかないのです。

一度、こんな事がありました。奥琵琶湖に散骨業者ができました。その時に知事が嘉田知事だったのですが、激怒したそうです。

当然です。琵琶湖は京都・大阪の方にとっては川上です。琵琶湖の水は、京都・大阪市民の飲み水なのですね。だから、散骨は川下の海洋です。

もはや散骨は海洋散骨だけです。

お父さんの本当に気持ち

よくお墓の相談の時に、

「わしの遺骨は海にまいてもらったらええねん。」よく聞きます。でも、それってほとんど本心じゃないです。子供たちに高い墓を買わせて負担をかけたくないという親心です。

でも、今の散骨は海洋まで出ていきますので、結構、費用がかかります。散骨の現場(外海)まで同船して、自らの手で、海に撒くのは数十万円です。お寺の合祀墓なら、3万円からあります。でも、死んで、石の墓の下に入りたくない人もおられます。樹木葬なら大きな石は使いませんので、気持ちは楽です。または、外洋まで出してくれる、散骨業者を探す事になります。

でも、これも遺族があっての話です。お1人の方が、「わしのお骨は海にまいておいて・・・」と言われても、誰もしてくれません。事前に、業者を決めて、送ってくれる縁者様に、お金を渡して、託すしかありません。

散骨にこだわる方も減りました。近年は、子供に負担のかからないお墓もふえました。近くて、比較的、安価なお墓もできてきました。

散骨の模様

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします