位牌

位牌

お葬式や法事でよく見る位牌。お仏壇に納められていたり、お寺の位牌堂に納めたり。位牌には魂が宿ります。供養では最も大事なものです。でも、これからも位牌で親を祀る人は、少し苦労が必要です。(宗教法人参事がこの記事を書いています。)

位牌とは?

位牌とは死者の霊を祀るため木製の小板の事です。それには、故人の戒名が彫刻されています。この位牌を、おうちの仏壇に安置して、お経を頂いて供養をします。

近年、よく見られた風景です。そうです。お仏壇の主役は、ご本尊と、この位牌なのです。

この「位牌」の位は「霊位」の「位」ですね。「位牌」の「牌」・・・麻雀牌(マージャンパイ)の牌と書きます。つまり、霊を祀るためのパイ(小板)なのです。

この「霊位」と「位」、その使い方の違いがあります。

位牌とは

位牌は2種類

位牌には2種類あります。白木の位牌と黒塗りの位牌。

親族が亡くなられた。まず用意されるのは、白木の位牌です。これは葬式用で、49日、(満中陰)で仕事を終えます。ちょっと前までは、白木の位牌といえども、立派な白木の位牌に、ご住職直々に、筆で書かれたものが普通でした。

でも近年は、葬儀の簡素化とともに、白木の位牌に、パソコンで作った文字を張り付けるところが多いです。白木の位牌は、葬式用に急遽、手配されるものと考えればいいでしょう。

白木の場合、●●●●●霊位と、書かれる場合が多いです。そして、49日、満中陰を迎えた時に、白木の位牌は供養されて、黒塗りの位牌に差し替えられます。当然、この黒塗りの位牌には、読経があげられていて、お性根が入っている事になります。

位牌は2種類

 

位牌は誰が守るの?

でも、位牌も、基本、仏壇とお墓と一緒です。家にある位牌は、子から孫へと渡していくものです。従来の教えは間違ったものではありません。

でも、考えてください。おじいちゃんが亡くなった、次におばあちゃんがなくなった。おじいちゃんの奥さんです。子供は、位牌をもって親を祀りたい。ここで位牌2柱が、仏壇にあります。ちなみに、位牌も遺骨も、その数を数える場合、柱といいます。

次に、長男が亡くなります。次に奥さんが亡くなったら、孫は4柱の位牌を守る事になります。よく、仏壇供養、仏壇処理の現場で、おばあちゃんが亡くなられて、仏壇を開けてみると、知らない先祖の位牌が数柱、ある事があります。守っている遺族も、位牌の素性も知らない・・・。おばあちゃんに、仏壇のお守りを任せてきたから、位牌が誰かもわからない。残された遺族は、位牌を守る事はできます。でもその苦労を、自分の子供に渡しますか?

位牌は誰が守るの?

 

本当に位牌って要りますか?

次世代へ脈々と継いでいく位牌ですが、これから位牌供養って、残るのでしょうか?

葬儀の現場でよく聞かれます。初七日法要が終わって、これから家で祀る時、白木の位牌はある方がいいです。でも、お墓に納骨して、おうちから祭壇が無くなると、位牌はどうしたらいいですか?。この問い合わせが最も多いです。その時、必ず聞きます。「お仏壇はありますか?」、そうなんです。位牌には、お守りする仏壇が必要です。ご本尊があって、その加護のもと位牌が安置されます。

近年、仏壇の無いおうちが、ほんと、増えました。昔みたいに、初仏様が出れば、とにかく、位牌・仏壇・お墓・・・そんな流れが、薄れてきました。もう位牌・仏壇は要らない。仏教徒だけれど、位牌を作って、子孫に守らせたくない。そんな親御様が、一部で増えています。

もともと、浄土真宗では黒塗りの位牌は作りません。白木の位牌を葬儀から、49日まで、家で祀る時に使い、役を終えて、供養されます。その後は過去帳と呼ばれる帳面に代わります。(写真)。過去帳は、その家のルーツを書き記したようなものです。これは、ほんと、合理的なものです。

位牌

 

故人に手を合わしたい気持ちは変わりません

この、親を祀る、先祖を祀る、大事にしたい、この気持ちは、絶対に変わりません。でも、次世代に渡していく供養の方法は、今後消えていくかもしれません。

位牌・仏壇・お墓は先祖崇拝の賜物です。位牌・仏壇は自宅で供養する場合に必須のものでした。でも、仏壇や位牌の、最も大きな問題点・・・誰にみてもらうか?ちょっと前までは、家督を継ぐ長男が守ったものです。・・・それが解決しないご家庭には、もはや受け入れられないものかもしれません。

もう一つ、遺族が手を合わせる場所として必要なお墓。これは永代供養墓という、子孫に負担の残さないお墓ができて、大きく変わりました。守る義務(?)の無いお墓は、少子化の現代において、最も相応しい先祖供養かもしれません。

永代供養墓は爆発的に認知度が上がりました。通常の家族墓に較べて、お申し込みは数倍~数十倍です。このような傾向、全て、少子化が原因です。しかし、位牌を守る子が、娘1人、ましてや結婚しないかもしれない。失礼な事かもしれませんが、現実に起こっているのです。

故人に手を合わしたい気持ちは変わりません

 

新しい供養の方法

位牌供養も正しい祀り方です。でも、主人の位牌を作っても、後に託せない。長男がいても、あてにならない。ほんと、時代も変わりました。これからは、次世代に渡していって、ずーっと祀ってくれる事は期待できない時代です。

ならば、位牌を作っても、数年後、お炊き上げ供養をしてもらって、次世代に渡さないような努力が必要かもしれません。位牌の処分(供養)、これは、近年、問い合わせが殺到しています。皆さん、位牌や仏壇の事で苦労されています。家族が繁栄していて、仏壇も立派にあるおうちは、心配はいりません。

でも、娘さんしかいないご家庭・孫ができないご家庭・・・。従来の供養の仕方に限界がある事を知ってください。また、位牌に代わるものとして手元供養という新しい供養の方法もあります。手元供養はお性根入れなど、必要ないので、終う時も楽です。詳しくは手元供養のページで案内しています。すでに、先祖の位牌をお持ちで、供養(処分)する事に悩んでられる方がおられましたら、宗教法人参事の村上に相談して下さい。位牌のお焚き上げ供養を、承ります。お布施は必要ですが、京都にある真言宗のお寺様にお世話になる事ができます。

宗教法人参事・村上

手元供養

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします