宗教法人参事・協会認定終活カウンセラーのブログ

こんな質問をいただきました。

私は、徳島県の出身で現在現住所の移り住んで30年以上が経ちます。現在の親族は昨年母親を亡くし、母親の弟(叔父)が独り養護施設にて生活しておりますが、85歳の高齢者です。

母親の葬儀の際に、地元のお寺の住職からの話で、元来は現存している墓所は叔父(田中家先祖代々の墓)が墓守を行い、その姉の私の母親(結婚せずに私を生みました)は、別に墓所を設けるのが本筋であるとの話でした。

私の家族は生まれてから京都に居りまして、年に数回墓参に参る程度で、特に子供が成長してきた昨今では、その回数は減少して参りました。家内は、もしも私が死んだら子供たちは更に遠地の墓へ参るのが減るのが目に見えてわかると言います。

現在、徳島県に親戚はありますが、疎遠な関係でお付き合いがありません。京都市で墓所などの相談が出来れば有り難いのですが、よろしくお願い申し上げます。

皆さま、ほんと、同じお悩みです

高度成長期に京都に出てこられた方は多いです。
田舎のお墓、ご親戚がおられる事は安心ですね
お任せされればいいですね。

多くの方は、任す事のできない方が多いんです

hurihaka

質問者様、夫婦お二人のお墓を持つ事もできます。
また、ご家族と一緒に入れるようなお墓もできます

sakuranoukotu-5

葬送も時代とともに変わってきています
子供様たちの意見も参考にして、お墓を検討してください

桜下庭園樹木葬でも、家族代々墓でも同じです

◇◆◇ 京都の大本山墓地紹介できます ◇◆◇

臨済宗大徳寺派本山
●大徳寺塔頭のお墓

臨済宗妙心寺派本山
●妙心寺塔頭のお墓

浄土宗総本山
●知恩院のお墓

真言宗大本山
●隨心院のお墓

黄檗宗大本山
●萬福寺のお墓

日蓮宗大本山:六条門流の祖山goritou

●本圀寺のお墓

真言宗末寺京都駅前墓地
●城興寺のお墓

上の本山墓地は全て、永代供養・新墓地紹介センター様のご紹介です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします