主人を亡くしました。主人は長男でした。
主人の両親は健在ですが、
訳あって一緒に暮らせなくなりました。
主人と私と2人で入るお墓を探しています。

========================================

辛いですね。

村上は家内の母親を預かって一緒に暮らしています。
一部、ぼけてますが温度差はあまり感じません。
義母はいつもお礼ばかり言ってます。

それはさておき、
長男の嫁は本来ならば、舅姑を送らないとあきません。
でも愛するご主人がいるからこそ、舅姑を大事にできるんですね

wakaihuuhu

さだまさしの関白宣言の歌詞に
「お前の親と俺の親とどちらも同じだ大切にしろ
姑小姑かしこくこなせ。たやすいはずだ。愛すればいい」

おしかりを受けるかもしれませんが・・・
そんなたやすい事じゃないと思います。
主人と言う愛する対象があるからこそ両親も愛せるんでしょう。

愛するご主人も亡くなった
舅姑に対して信頼感を持てない
たとえ愛するご主人様の両親でも一緒にいるの辛いですね

桜下庭園樹木葬は小さくても
ご夫婦一緒に入れるように設計されています

●桜下庭園樹木葬のページ

●京都天が瀬メモリアル公園

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします