エンディングノート

エンディングノート無料ダウンロード

あなたが歩んできた道。今一度、振り返ってみませんか?
そして、家族に伝え残したいこと・・・。

残された家族が困らないように、大切な事を書き残してください。

エンディングノート

エンディングノートって?

自分の人生の終焉?考えた事ありますか?

  • 「家族に負担をかけたくないから、最後は介護施設でおくりたい」
  • 「介護が必要になった時、保険を使えるように」
  • 「自分が不治の病に伏せた時、言わないでほしい」
  • 「献体に申し込むから、お葬式は不要です」
  • 「お葬式は派手にせずに、家族だけで」
  • 「お墓はどこでもいいけど、子供たちに負担の残らないように」

今、高齢者の集まる時によく聞かれる声です。昔は、こうした事は触れたくない事で、あまり話題にならなかったことです。

後は家族に任せる・・・。家族が後の事をみてくれる・・・。自分の最後を家族に依頼できる事は、本当に幸せなことです。しかし、現実は少子化、核家族化、転勤族の増加・・・
本当にあなたの最後を家族に全てを任せて旅たつことが出来ますか?

でもそんな時、本人の希望がわかっていれば、家族も安心して介護や葬儀・供養をしていくことができます。本人としても、前もって希望を知らせておけば、介護についても本人の希望通りになります。葬儀業者や墓石業者に予想以上の大きな金額を課せられる事はありません。
だからこそ健康なうちに、元気なうちに、いろいろな事について考え、家族に知らせておくことが大切なのです。

エンディングノート

「諸行は無常なり。これ生滅の法なり。生滅を滅しおわりて、寂滅をもって楽となす」これは諸行無常経といいます。人間は必ず歳をとり、身体も頭も衰えていきます。移り変わってい
くのがその常であると説いています。最後には、死を迎えることになります。

これからの人生も後悔の無いように過ごすためには、衰えていくことから目をそらすのではなく、正面で受けとめると同時に、考えたり話し合ったりすることを楽しむくらいの気持ちでいたいものです。このノートが少しでも役に立てばうれしいです。お友達の分もダウンロードして差し上げてください。