遺言作成のポイント

遺言作成のポイント

遺言だけで円満相続はありません。

遺言は相続で最も大事な事です。でも、理不尽な遺言を残すと大変な事になります。
終活の中で、最も大事なお金の事。あなたが築き上げた財産を自分の思うように相続人に渡したい。当然ですよね。でも、そこには法律があります。(相続診断士)

相続の中で、士業の方が最も大事にされる遺言

相続の中で、士業の方が最も大事にされる遺言。

司法書士・行政書士の主催される相続セミナーに参加すると、遺言て大事ですよ。・・・そんな気持ちになります。

相続の現場では遺言、すなわち故人の遺志として遺言がもっとも尊重されるのです。

相続の中で、士業の方が最も大事にされる遺言

 

相続での遺言の優先順位

遺言>遺産分割協議>法定相続分・・・。

これが相続における順位です。遺言を残す被相続人は、子孫に対する思いが強いのでしょうね。喧嘩をしないで、配偶者・子供たちが、仲良く、自分の残した資産で幸せに暮らしてほしい。そんな思いです。

でも、この順位、遺産分割協議が一番になる事例もあります。被相続人(故人)の遺志が絶対ではないのですね。また、被相続人(故人)が、あまりにも理不尽な遺言を残すと、相続の紛争になります。

相続での遺言の優先順位

 

理不尽な遺言

理不尽な遺言とは、法定相続人が共感できない遺言?

としておきます。例えば、被相続人が臨終の直前にお世話になった方に、全てをあげるよ・・・そんな口約束をした。そのお世話をした方は、口約束だけでは不安だから遺言を残してください・・・。

何かサスペンスのドラマみたいですが、本当にあるのです。じゃあ、親父が勝手に残した遺言で、実子の相続分が無くなった・・・。

大丈夫です。法律は、相続人の権利を守るようになっています。被相続人が、理不尽な遺言書を残しても、法定相続人の侵されない権利が保証されています。

相続人の遺留分といいます。

理不尽な遺言

法定相続分

法定相続分とは、ウィキペディアでは、「各相続人の取り分として、法律上定められた割合をいいます。」とあります。

しかし、法定相続分通りに、遺産分割される事は、極めて少ないです。被相続人が遺言書を残していた場合、原則としてその内容に従うことになります。ですから、遺産分割協議は行われないのが通常とされています。

しかし、現実は、遺産分割協議が優先される事例もあります。被相続人の遺志より、遺族の合意のもと、遺産分割協議で決めた事で、遺族全員が幸せになるのであれば、そちらが優先されます

このような場合は、士業の先生に入って頂いて、円満に解決してもらうのがいいです。

法定相続分

 

遺族みんなが幸せになる遺言とは・・・

遺言とは、大きく、2種類あります。公正証書遺言と、自筆証書遺言です。メリット・デメリット、両方にあります。でも、両方の遺言書だけでは、被相続人の本当の気持ちは伝わらないものです。遺言だけでは伝わらない子孫への想い。これには、エンディングノートが相応しいです。セミナーでも、遺言書とエンディングノートの併用をおすすめしています。

遺言書とは、形式的に誰に何を与える事を明記する。法的にも抗力のあるものです。その点、エンディングノートには抗力はありません。しかし、エンディングノートは、親の気持ちを伝えられるという、自分の言葉で伝えられるという、大きなメリットがあります。

遺族は、相続に関して、みんな疑心暗鬼になります。私の相続分が少なくはないだろうか?親の財産分与をあてにできるのだろうか?。そうなんです。親の遺産相続は、遺族にとっても人生で大きな節目です。親の臨終を望むわけではありませんが、その時点で起こる遺産分割によって、人生が変わるかもしれません。

遺族みんなが幸せになれる、そんな遺言を考えませんか。相続・遺言に詳しい関西在住の士業の先生も紹介できます。お悩み・相談事がありましたら、相続のページより、問い合わせください。返事を頂く事ができます。

遺言公正証書