終の棲家・終活の最後の最後・お墓(宗教法人参事筆)

終活の考え方から、お墓を考えます。安心のお墓づくりとは

ここでは、終活の最後の最後、お墓について、考えてみたいと思います。お墓は臨終を迎えないとお世話になりませんが、一連の終活の活動の中で、最も、早く、決めやすいものです。終活は大きく、お金の事、健康の事、供養の事。お金、健康の事は別のページを参考にしてください。そこで判る事は、お金、健康は年代でするべき事が変わっていきます。その点、最後のお墓に関しては、元気な今のうちに決めておく事ができるのです。健康・お金のように、流動的ではないのです。お墓は、ある事の安心感が最も大事です。

終活の考え方からお墓を考えます

 

寿陵とは

参考文献では、寿陵とは、自分が生きているうちに、自分や家族が入るためのお墓を建てること。生前墓とも称される。寿陵を建てることは縁起の良いことで、長寿や子孫繁栄を招くと言われています・・・とあります。

もともと、中国史の出てくる歴代の王もそうです。歴代の王は、御世(みよ)の世界でも、自分の存在を示すため墓を作っています。寿陵は寿(ことぶき)の陵と書きます。寿(縁起の良い)陵(お墓より大きい、故人を埋葬する所)という意味があって、すごく、良い言葉なのです。生前にお墓を作る事は縁起の悪いものではありません。兵馬俑を擁した、秦の始皇帝も、始皇帝陵を作って、終活をしていたのです。終活の中で、生前墓を決めておく事は、最も、簡単な事です。

寿陵とは

先祖代々のお墓

お墓は先祖が入っていて、遺族が参るもの。その通りです。でも終活においてのお墓は、少し意味が違います。このサイトに訪問された方、お墓については、3通りの方がおられます。先祖代々のお墓があって、快くお墓に入ってもいい方、自分が快くその墓に入れない方、入るお墓がない方。この3通りの方がおられます。快く入れるお墓がある事は、安心ですね。しかし、入るお墓がない方は、生きているうちに決めるのがいいです。しかし、入っていいお墓はあるんだけれど、気持ちが進まない。入りたくない人も多いです。

あなたが長男と仮定しましょう。先祖代々の家族墓があって、そこに入る事に抵抗がなければ、とりあえずは幸せです。自分が建てる方もおられますが、すでに親の力で、お墓がある方はもっとも幸せです。でも、奥様はそう思ってない事がよくあります。ご主人様の入る予定のお墓には、ご主人様の先祖がたくさん、入っておられます。奥様からすれば、全く知らない先祖と一緒に入りたくない。ご主人様と二人だけならいいけど、知らない先祖様とはいや・・・。また、姑さんとも入りたくない。女性は先祖代々の墓を嫌う方が多いのです。ご主人様と入りたくない女性も多いです。死んでまで、旦那と一緒にいたくない・・・寂しい話ですね。お墓に関しては、あなたとの身内の方と、思いが違う事があります。

先妻と後妻のお墓の事

お墓の現場にいて、こんな事もよく起こります。先妻を亡くしたご主人様、家のお墓に先妻を入れて「いつか、わしも一緒に入るからな・・・。」そんな約束はしたかどうか判らないけど。でも、数年経つと、周りから勧められて、再婚する事になった。墓参りして報告するも、ちょっと気が引ける。でも、毎日の生活が大事だから・・・。そして後妻様と長く生きてこられて万々歳・・・?では、ないのです。後妻様も、ぼちぼちお墓を考える年齢になった時、まず、先祖の墓には入らないと断言されます。もうほとんどです。お気持ち考えれば当然です。主人の先祖の墓には、先妻が入っている。主人とは一緒にお墓に入ってもいいけど、先妻様の入っているお墓には入りたくない。入ると、あの世でも、喧嘩するかもです。そんな時に、重宝されるのが2人だけのお墓です

ここ近年、2人だけのお墓が増えています。家族墓が全てだった時代は終わりました。子供に恵まれなかったご夫婦様、これで、お墓の悩みが無くなりました。

 

お墓の販売主体

お墓を取り扱っている主体は、どこか判りますか?お寺と思いますか。でも、お寺・宗教法人は寺の名前でお墓・墓石を販売する事は出来ないのです。お寺は営利事業ができないのです。だから、お墓を案内・販売しているのは石材店だったのです。墓所(土地)は寺のもの、お墓は石材でできているもの、だから、石材店がお墓を売ります。それが常識だったのですね。石材は樹木のように、朽ちる事はありません。遺族がいつ参っても、立派に残っているのがお墓だったのです。立派なお墓は、家族繁栄の証だったのです。親族みんなにお墓を見てもらって、〇〇家の長男が立派な墓を建てて、親戚一同に称賛してもらう・・・これが家族墓の原点です。

でも、お寺様の墓所には限界があります。そこで、石材店が資本を出して、郊外の大型墓地の販売を始めました。結果、お寺主催の墓地ではないので、寺との関係が希薄になり始めました。本来の供養の形より、お墓は、大きさや、出来上がりの立派さを競うようになりました。それは、それで立派な事なのです。先祖を祀るのに質素なお墓では、少し心もとないです。でも、近年は、その価値観も変わってきています。

 

宗派別のお墓とキリスト教徒様のお墓

ご自宅の宗派、ご存知ですか?

日本で暮らしていたら、やはりお世話になる、神様と仏様。しかし、神様を奉ずる神社にはお墓はありません。

最高のお墓

お墓の現場でいつも思います。いいお墓とは、心穏やかに、お墓はここでいいよね。ここなら、安心して眠れるよね・・・そんな会話が出てくる方は、必ず、いいお墓を求める事ができます。お墓を求められる場合、そのお墓地の主催者に問い合わせてください。その後、数十年、どのように祀られますか?後、その墓所での、供養の仕方を問合せて下さい。それが大事です。立派なお墓でも、樹木葬でも、合祀のお墓でも、後々、どのように供養されるかが大事です。それと、セミナーで、いつも説明していますが、石碑を買わない。供養をお願いするという考えで、お墓を探してください。きっと、心穏やかになると思います。

とにかく、お墓は現地に行って、肌で感じる事が大事です。

女性専用のお墓

ひとりで生きてこられた女性。お墓を探す時に苦労されます。
でも最近、女性しか入れないお墓ができています。

 

墓友のお墓

近年、女性の間に墓友が増えています。
最後の老齢期に一緒に暮らして、近くのお墓に入る。そんな墓友の女性に相応しいお墓が京都にあります。

樹木葬

最近、葬送の中でも、急激に増えたのが樹木葬です。お寺様の墓地へ行っても、樹木葬のスペースが確保されています。
でも、程度・料金はほんと、様々です。また、供養の仕方も違います。

ペットと一緒に入れるお墓

最近、ペットと一緒に入れるお墓を探されています。ペットは家族同然。できる事なら、うちの子も、一緒の墓に入れてやりたい。誰でもそう思います。

終活においてのお墓の考え方

文頭に書きましたが、ご夫婦でご主人の先祖のお墓に入れる方は幸せです。お墓は、子供さんに、後を守る事をお願いできれば、もうお墓の悩みはありません。しかし、お墓があっても、子供は娘だけ・孫ができない・お墓が田舎にある。子供が転勤族で帰ってこない・・・。また、もともと入るお墓が無い。内縁の妻(愛人)と入りたい。ペットと入りたい・・・。皆さん、思いは様々です。立派なお墓もいいけれど、後、どうするの?そんな声をよく聞きます。

終活の目的は、決められる事を元気なうちに決めておいて、今を元気に生きる事を言います。お墓は元気なうちに、気に入った場所を探しておく事ができます。近年、安心できるお墓が沢山、増えています。写真は京都府宇治市にある、桜下庭園樹木葬です。この樹木葬はお寺の管理下にある永代供養のお墓です。掘り起こしがないので、永久に、なくなる事はありません

 

墓じまいの後は永代供養墓

ここでは墓じまいと改葬を全て動画で説明します。
動画は8部構成です。墓じまいする理由、具体的な仕方、費用の相場、墓地の成立ち、墓地の違いによる手順、難易度、改葬手続き、お骨の納める場所です。

散骨・収骨拒否

ここでは、お骨を拾わない(収骨拒否)と散骨と考えたいと思います。収骨拒否と散骨は意味合いが違いますが、お墓を持たないという考えに基づいてまとめてあります。

 

これからお墓を探す方は、自分・自分達夫婦が心地よく入れる墓を探す事。それが一番、大事です。後、気に入ったお墓が見つかっても、没後にどのように供養されるかを、ちょっと気にしておいたら、もっと安心です。お墓も、ここ近年で大きく変わりました。という事は、選択肢も増えたわけです。これはうれしい事です。お墓の価値は、お墓のある安心感が一番、大事です。お墓を探すのに、まだ、早いという事はありません。元気なうちに、自分たちが入るお墓を探してください。後回しにして、そうこうしているうちに、病気になったら、お墓の話はすぐ止まります。そして、お迎えが来たら、家族に負担をかけてしまうのです。

あなたの人生で、今が一番若いのです。お墓は終活の中で、最も決めやすい事です。寿陵が最高に素晴らしい事です。

終活とお墓