自宅供養

大事なのは、自宅で供養する事です

供養はお寺でするとは限りません。お墓がある所でするとも限りません。大事なのは、自宅で供養する事です。

ここでは自宅での供養について考えます・・・家での供養、近年までは当たり前だったのです。でも、核家族になり、お寺と縁が無くなり、仏壇も置かない。当然、仏間もないし・・・。仕方がない事です。でも方法はたくさんあります。

自宅供養

 

お仏壇と仏間

近年、核家族となり、家も小さくなり、マンションの場合もあります。仏壇を置くスペースが用意されていない事が多いです。ましてや、仏間なんかは、ほぼほぼ、見受けられません。また、ちょっと前までは、仏壇と言えば金仏壇でした。しかし、時代の流れとともに、金仏壇も、ほんと少なくなってきました。

住宅事情を反映してか、ほとんどが、家具調仏壇・現代仏壇と呼ばれるものに変わって来ました。

>>仏壇・仏具について詳しくはこちら<<

 

位牌について

位牌とは死者の霊を祀るため小板です。それには、故人の戒名が彫刻されています。この位牌を、おうちの仏壇に安置して、お経を頂いて供養をします。

でもこの位牌を作らないご家庭も増えてきました。故人を祀る時、位牌は必要ではなくなってきたのでしょうか・・・。興味のある方は、詳しく書いていますので、続きを読んでください・・・

>>位牌について詳しくはこちら<<

位牌とは

 

手元供養

手元供養という言葉、ご存知ですか、近年、家族構成に変化によって、仏壇も、位牌も全て見直されるようになってきました。次世代に、その処分を頼むような供養の仕方は、ほんと無理になりつつあります。そこで手元供養という、新しい供養が始まっています。

>>手元供養について詳しくはこちら<<

遥拝供養

遥拝供養も自宅供養です。遥拝供養というのは、遥かに離れていても供養できます・・・という教えです。

現代社会は、労働力の分散化によって、その土地に土着する人が減っています。都市部に、仕事を求めて移住する人が増えています。結果、供養の仕方も変わってきています。本来ならば、お墓は生活圏に近い方がいいのです。毎週でも、墓参りに行きたい。でも諸事情が許してくれない。地方の方で、長男が都市部に移住したので、お父さんのお墓を都市部で求めた。でも、残ったお母様は、長く暮らした今の家から離れたくない。でもお墓が遠い・・・。そんな時に、遥拝供養を思い出してください。

お墓参りだけが供養ではありません。遠方から拝む事で供養になるのです。コツは一つ、ご自宅の仏壇と、遺骨が入っているお墓のカロートと同じものを1部ずつ、入れて置きます。何でもいいのですが、写経なんかがいいですね。とにかく、2つあるもの、2つで1つになるものを、お墓と仏壇に納めます。

これで、自宅の仏壇とお墓が、写経によって繋がるのです。ご自宅の仏壇で手を合わせて、故人を偲んでください。お墓は離れていても、きっと、いい供養になると思います。

仏壇仏具

手元供養